思い出のピーナッツバター 
Friday, April 22, 2011, 01:43 PM - 手づくりごはん
実家の父が毎年、ピーナッツ(落花生)を作って持って来てくれるのですが
毎年、大量に余らせてしまいます。
おいしいんですけどねぇ…
殻むくのも面倒くさいし。

また、ネットに入って大量に吊り下がっているピーナッツを見て
ダンナが「ピーナッツバターつくってよ」と言い出しました。
昔、お父さんがよく作ってくれていたんだそうです。
すり鉢でごりごり擂ってできたそれは、とってもおいしかったんだとか。

へ〜。ピーナッツバターって、ウチで作れるんだぁ。
腐らすのも勿体ないし、一丁、挑戦してみることに!


普通は
・生ピーナッツの殻を剥き、フライパンで炒るor電子レンジ2〜3分or
 180度オーブンで15〜20分ロースト。
 (市販のバタピーそのまんまでも代用可)

・クリーム状になるまでフードプロセッサーにかける。

という超かんたんな行程で完成するらしいのですが、
ウチにはフードプロセッサーがない。。


そこで、ダンナ情報を参考に、
殻を剥き、ローストしたピーナッツをビニール袋に詰めて
すりこぎでバンバン叩いてある程度砕き、
それからすり鉢とすりこぎでクリーム状にもっていく作戦に移行しました。

これが、めんどうくさいっ!!



もちろん、娘は手伝いたがって、余計時間がかかるし。
気持ちは嬉しいんですが〜

しかも、やっぱりすり鉢じゃ時間がかかる…
ミキサーを使ってみましたがあんまりうまくいかず。。
結局、クリーム状なんて夢はあっさり破れ、
ブツブツ感の残る、やたら茶色い、
「ピーナッツ味噌」的なものができあがってしまいました。

ほかのお料理好き主婦のブログや、レシピサイトなどの写真と全然ちがうっ!
うまくできたら、いつも蜜柑をくださるご近所さんに
わけわけしようと思っていたけれど、嫌がらせだと思われると
今後の生活にさしさわるので、やめました。

わりあい美味しいんですけどね〜
お義父さんのピーナッツバターも、こんな味だったそうです。

ちなみに、こないだ始めた
別ブログにそのピーナッツバターの写真を貼ってます
こちら
みてみて下さい!

バーミックスが欲しいというのは本気です。

私の手作りマヨネーズ 
Monday, December 6, 2010, 11:13 PM - 手づくりごはん
昨日おとといとで、無事別府旅行に行ってきました!

思いのほか暖かかったので、予定どおりハーモニーランドにも
アフリカンサファリ にも寄ることができました。
病み上がりの娘も、風邪がぶり返すこともなくひと安心。

娘が予想以上に楽しんでくれたので、嬉しかったです♪
33年間、キティちゃんに何の興味も無かった私が
プライベートでハーモニーランドに行く決断をしようとは
我ながらビックリだったのですが、
子どもの喜ぶ顔が見られただけで、ほんっとうに行って良かった。
(グッズはひとつも買いませんでしたが…)
サファリでも娘は、ジャングルバスに大興奮。
ダンナがライオンやゾウ、キリンにエサを与える姿を間近に見て
「おとうさん! ぞうさん まんまどうぞした!!」と尊敬しておりました。

私自身も、グルメも温泉も満喫して、本当に充実した旅行でした♪
また時間があるときに詳細を日記にしるしたいと思います。

ーーー
さて、今日のことですが私、生まれて初めて自家製マヨネーズを作ってみました。
ブロッコリーとジャガイモのマヨチーズ焼きを作る予定が、
マヨネーズを切らしていたことに気づいて、
「ちょっと自分で作ってみようかな…」と魔が差してしまったのです。

卵黄と酢、塩、油で作ります。
そういえば、シフォンケーキを作る時、卵黄が必ずいっこ余るんですよね。
その使い道を考えていたところだったし…

あれ? でも、ウチふつうのサラダ油がない。
オリーブオイルと米油をまぜればいいか。
あっ、そういえば酢もちょうど切らしていたんだったっけ…
いいや、ポン酢があるから代用しよう。

そんな感じで、「ポン酢マヨネーズができて意外と美味しいかもしれん」なんて
浮かれながら作ってみたところ…
我ながら、おいしそうなマヨネーズに仕上りました。

ちょっと味見してみよう…




すんごいマズかったです。
なんかクサいし。こんなマズいマヨネーズ食べたの生まれて初めて。

う〜ん、無念でした。
とりあえず、明日マヨネーズと酢を買いにいきます。

シフォンケーキの押し売り 
Saturday, November 27, 2010, 10:29 PM - 手づくりごはん
つわりが終わりかけた?と思っていたら
何だかノロまがいの症状が出て、ここ2、3日またリバースしまくっておりました。
内臓まで出るかと思ったわ。

でも、そんな真っ黒な気分の日々も、もう終わったようです(多分)。
今日、何ヶ月かぶりで、コーヒーを心底おいしいと思って飲む事ができました♪
あああ〜本当に良かったです!

そんなこんなで、食欲も戻って来たことだし、
最近「シフォンケーキづくりを趣味にしよう!」と突然思い立ちました。

お菓子作りになんて全く興味なかった私が、なぜ、突然シフォンなのか??

直接のきっかけは、お菓子作りが上手な近所のママたちに刺激を受けたことです。
パウンドケーキだのプリンだの、ロールケーキだの、みんな
いとも簡単に作っちゃうんですよね〜。そして美味しいっ!
最初はただ驚嘆しておりましたが、そのうち、自分も美味しいお菓子を手作りできたら
ステキだなって意欲が沸いて来たわけです。

でも、わたし不器用だし初心者ですから、アレもコレもと手を出さずに
生涯ひとつのお菓子だけ極めようかしら、と。

…ウチには、お菓子作りの道具などほぼありません。でもあんまり買い足したくない。
しかも、材料費もあまりかけずに作りたい。
そんな私でも作れるお菓子は何か?と考えた時に
真っ先に思いついたのがシフォンでした。

昔、知り合いの飲食店オーナーが、
食後のデザートにシフォンケーキを出していたライバル店について
「シフォンケーキほど原価が安くて、カンタンに出来て失敗も少ない菓子は無い。
 なのにあの価格のコースに付けるなんて、なんてケチなんだ」
と、くさしていたことを思い出したからです。

ふ〜ん、そうなんだ。じゃあ、私でもできるかも。るん♪
しかもシフォンおいしいし、周りの人の得意お菓子とカブリもないし。

という訳で手始めに、最近ちょうど頂いた、ルクルーゼのラムカンダールという
かわいいハート形のストーンウェアで、抹茶のシフォンを焼いてみたのです。
抹茶の粉は買う必要がありましたが、あとは
牛乳、卵、油、砂糖と台所に常備している品だけでできちゃいます。

それが、案外上手にできまして〜♪
ただ、ウチに唯一あった100均の泡立て器じゃものすごく時間がかかったので
その後やっぱり1500円くらいのごつい泡立て器を購入しました。
それから、専用の型が欲しくなり、それも1200円ほどでゲット。

以降、しょっちゅう作っては、ダンナに味見してもらったり
友達ん家に持って押しかけたりしています。
近々私に会う予定がある方、有無を言わさず味見させられると思ってください。



我が家ではシフォン飽和状態で、もはや朝食のパンと化してます。
ホイップクリーム添えたりトッピングしたらそれなりになるはずなんですが
厚切りにして皿にモリッと盛った色気の無い食べ方が、ヤマダ流です。

土日に作る時は、ダンナが卵白の泡立てをしてくれるのでラクです。
ひたすら力を入れて泡立てるのが、なんか楽しいらしく。

これから、近所の人たちで連想ゲームでもしようものなら
「ヤマダさんの奥さんといえば」「シフォンケーキ」という
回答がスタンダードになる日を目指して、修業にはげみます!

しかし私は長続きしない性格なので
ダンナは「できれば長く続けてね」と心配していますが…


レッツ・リユース! 肉じゃが 
Monday, September 29, 2008, 06:49 PM - 手づくりごはん
こないだ、ダンナに「今日の夜ゴハン何?」と聞かれたので
「昨日の肉じゃがが大量にあまっているので、
 また肉じゃがか、肉じゃが丼かな〜」などと返事をしたら
「カレーにしたら?」と提案して来たではありませんか。

おお、なんと自由な発想!!

いつもなら、気の向くままに
「これ入れたらうまいはず」「こないだの店で食べたアレはこんなんだった」などと、
固定観念に囚われず(というか、料理の基本を守らず??)
思いつきと、見よう見まねで斬新な調理をするのは私の方なのですが…

しかし、「余った肉じゃがをカレーに」は、さすがに冒険的すぎるかなと思ったので
「いや、肉じゃがを作らないあんたは知らんかもしれんけど、
 あんな砂糖も醤油もばかばか入れたダシ汁をベースにカレーなんか作ったら
 甘くて味が濃い、ヘンな食べ物が出来上がると思う!」と、猛反論。
しかし「いや、きっとうまいよ。ジャガイモとかにも味が染みてるし、具は共通だし」
と食い下がるので、
ものは試しとばかり、一応作ってみました、肉じゃがカレー。

すると…



うまいではありませんか!!
懸念していた肉じゃがの甘味が、むしろ、カレーの辛さをひきたててくれて
いっそう、深い味わいに仕上がっています。
具もごろっと大きく、食べごたえあるし
第一、すでに煮込んであるから、すぐにできる手軽さも嬉しい。
ダシの味わいも残っていて、「なつかしの和風カレー」といった風情です。
トッピングの納豆とも、チーズとも合うわ〜。




ダンナは「うまい。それ見たことか」と、大盛り2杯分食べてました。
う〜む、今回ばかりは私の完敗です。
ステキな我が家ごはんとなりました。


ーーー
肉じゃがカレー レシピ

あまった肉じゃがをダシで伸ばすか、水を足すかして
ほどよい水加減にしたあと
一煮立ちさせて、市販のカレーのルーをぶっこむだけです。
ルーは、辛口が合いました。
生卵の黄身をのせたら、もっとうまそう。
肉じゃがが少ししか余らなかった場合は、これをベースにカレーうどんにしてもステキです。

2 コメント ( 27 views )   |  0 トラックバック   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 1741 )

夕食について 
Thursday, September 4, 2008, 10:35 PM - 手づくりごはん
既婚の友人と話をしていると、よく
「毎日、晩ご飯の献立を決めるのが大変!」という悩みを耳にしますが
私には、いまいちピンときません。

食いしん坊なので、毎日、
「ああ、夜サンマが食べたい!」「何が何でも今日、鶏の唐揚げを食さねば、気が済まない」
と、次から次へと欲望が湧いて来て、食べたいものが途切れることがないからです。
「今日なに作ろう」と迷うことは、ないですね〜。



それからもう一つ、
私の実家でもダンナの家でも、大量に野菜を作っているので(どちらも、単なる趣味ですが)
定期的に、野菜をどっさりもらうんですよね。
そして、両家の作物は、かぶってしまうことが多く、
同じ種類の野菜が大量に届いてしまう…という事件が、よく出来しています。
それを消費しようと思うと、毎日の献立が自ずと決まってしまうんですよね。


この夏は、我が家にはゴーヤ、スイカ、きゅうり、ピーマン、冬瓜などがあふれていました。



ゴーヤやピーマンなど、アレンジが利くものはいいのですが
一番こまったのはスイカです。
切って食べるだけしか思いつかない…
しかもダンナはウリ系が得意ではないので、主に私がスイカ担当になってしまいました。

こまったことに、スイカって利尿作用があるんですよね。
ただでさえ妊婦なので頻尿なのに加え、驚異のスイカパワーで
夜間、何度も起きてトイレに立っています。
でも、今週中にあと2玉は消費せねば腐らせてしまう〜
頑張ろう!
(でも、義母は今年80玉以上のスイカを収穫したそうなので、
 また後送されてくるかも〜! どうしよう!?)


進む