消しゴムはんこ 
Thursday, November 3, 2011, 09:33 PM - 一般
一ヶ月以上更新をサボっていましたが
私はあいかわらずの生活を送っています。

昨日の明け方は、激しい悪寒と発熱があり
「乳腺炎だ!!」と恐怖におののいていましたが、
小児科の先生いわく、「症状が熱だけの単なる風邪」だったらしく
拍子抜けしてしまいました。
(もう平熱に戻りました!)

授乳中は抵抗力が落ちているから、この冬も風邪ひきまくるだろうな…
インフルエンザの予防接種は受けておこうかな。

さて、ちょっと前の話ですが
消しゴムはんこについて少し調べる機会があり、
「これ、割と簡単に出来そうじゃない!?」
なんて魔が差して、
文房具屋にいったついでに見かけた消しゴムハンコキットを、
出来心で買ってしまいました。

で、長女の似顔絵ハンコを彫ってみましたところ…

<↓実物の4倍くらいの大きさです>

↑実際はこの下に名前も彫りました。布用インクをつけて
持ち物に押せば、かんたんに名前付けができるなと思って。

ヘッタ〜っ!
もっと上手にできると思ってたのに〜!
見るのと自分でやるのとは本当に、大違いですね。

図案の段階ではかわいかったんですが、
敗因は、彫刻刀を使うテクニックを持ち合わせなかったことです。

「来年四月の入園先、決まったばかりだし、
 幼稚園グッズにペタペタしよう♪」という
私のたくらみは頓挫してしまいました…
慣れの問題なんでしょうけどね〜

でも、ハンコ押すのが大好きな娘は
自分の顔のハンコを作ってもらって、大喜びで自由帳に押して遊んでいるので、
まぁ良しとします。


女子力満開 
Thursday, September 29, 2011, 10:36 PM - 一般
出産後、ほとんど仕事らしい仕事をしていないのですが
下の子も大分落ち着いて来て、ここ1ヶ月ほどは、
昼は育児、夜は仕事と、以前のような生活に戻りつつあります。

下は今、並の8、9ヶ月児よりデカイ4ヶ月児。
3ヶ月の時に寝返り返りまでマスターし
もうズリバイの練習を始めてます。
しかし、今日ひさしぶりに会ったお友達のところの2ヶ月児は
すでに7kg越えしていて、もうウチの子クラス(より上かも…??)でビックリ!!
上には上がいるものですね〜

上のお姉ちゃんはあと2ヶ月で3歳です。
この1月ほどで急にハートやキラキラ、かわいいキャラクター系が好きになり、
メキメキと女子力が上がって来ている(?)模様です。

おととい、ばあちゃんに「好きな本を買ってもらいなさい」ともらった
千円を握りしめて、3人で本屋に行った時も…
「どれがいい?」と聞いた私が悪かった。



「おともだち ピンク」という、
棚が違えば、そのまま風俗情報誌として使えるようなタイトルの
プリキュアが表紙の雑誌を手に取り、一歩も動かなくなりました。
タイトルロゴがスワロフスキーでキラキラ輝いています…

おおお…
やっぱ女の子なんだなあ…

私自身は、子どもの頃から女子女子したものと縁遠く、
ピンク色あまり好きでなかったし、手芸より工作が好きだったし、
『ときめきトゥナイト』より『キン肉マン』派だったし
それがごく普通だと思って大きくなったので
娘の気持ちがいまいち分かりません。

「もっと、素敵な絵本を買おうよ!」と誘いましたが
これがどうしても読みたいというので、
ついに、買っちゃいました!
本なんて、子どもと買いに行くモンじゃないですね。。

でも、興味があるものを材料にすれば
読み聞かせもより楽しんでくれるかなぁ、とも思うんでまぁ良しとします。
でも、家の中がピンクのプリキュアだらけになるのは嫌だなあ…
まあ、娘もいつかはハートだらけの世界から生還してくれると思います。

洗濯機でフェリージのバッグを 
Sunday, September 4, 2011, 11:11 PM - 一般
子連れで出かける時、バッグどれにしよう?と、毎回悩んでしまいます。
特に次女が生まれてからは。

ちょっと遠出する日には、荷物は
(水筒・着替え・オムツ・エプロンやスタイ・タオル類)×二人分
となり、さらにお弁当まで持って行く日には
鏡の中には「旅行か?」とつっこみたくなるくらい
でかいボストンバッグを持った、仰々しい自分の姿が。。

いま、半日くらいのお出かけには
レスポのデラックスエブリデイを愛用しているんですが
(使い勝手がイイから、友達とかぶりまくり)
二人分となるとパンパンになってとっても見苦しいんです…


新しいの買おうかな。
やっぱ丈夫だし洗えるし割合安いし、レスポがいいかなぁ〜
じゃあどの型がいいかなぁ〜
柄はコレがかわいいや。
などと考えていたのですが、

よく考えると、
昔ダンナがくれたフェリージのナイロンバッグが、
ちょうどよい大きさだと思い出しました。

ただ、すごく好きで愛用しすぎて、ボロボロのドロドロ…
ちょっと恥ずかしいかなあ。

でもアレ、このまま使わないと一生タンスから出さないよなあ…
私の死後、ダンナか娘が捨てることになるだけだろう。
などと思ったら、
「じゃあ、ダメ元で洗ってみよう! 失敗したらゴミ箱行き。
 キレイになれば儲け物だあ」
と覚悟が決まり、

洗濯機に放り込んでみました。



ネットで検索して、他にもやった人がいることを確認した後ですが。
一応、洗濯機用ネットに入れて
生協で買った「オシャレ着洗い」的な洗剤を使いました。


結果、
劇的にキレイにはなってないけど、まぁ、外に持って行けるかな?
程度に回復しました〜!

実は革のとことか物凄いダメージだったんじゃないか?と心配ですが
パッと見、問題ないです!

近況 
Monday, August 29, 2011, 10:51 PM - 一般
相変わらず、寝かしつけの時に高確率で寝てしまい
なかなかブログの更新ができませんが、
一家4人、元気にやっています!

先日は、近所の美容院で、店長との意思疎通がうまくいかず
まさかのマッシュルームカットにされてしまいました。
「おっ、さてはビートルズマニア?」って声かけられそうなスタイル。
たしかにビートルズは割と好きですが、
まさか自分が新メンバーになりたいなどとは思っていませんのに。
あまりにも嫌なので、ベリーショートにしてしまおうかと悩んでいます…

でもこのところ、乳飲み子には酷な猛暑と雨がテレコでやってくるので、
全然外遊びしていません。
しかも長女が病気続きで、
この夏はお友達と会う約束をキャンセルしてばかりだったので
かなり引きこもり気味。
人間とロクに会話をしていません。
だから、マッシュルームでもいいと言えばいいのですが。


↑お気に入りの水玉のワンピを着て喜ぶ、水玉模様の長女


さて、でか子と話題の次女も三ヶ月になりました。でも、
バウンサーをハイテンションで揺らす姿は7、8ヶ月と言っても通用する貫禄。
体重重いのに早めちゃんのようで、もう首も据わりましたし、
おそらく近日中に寝返りもすると思います。


↑長女の時に引き続き、新生児期からスリングが大活躍です。
もう縦抱きできるので増々ラクです♪

そんなこんなで、
まったりとした日々を送っています〜

新しい冷蔵庫 
Thursday, August 4, 2011, 09:35 PM - 一般
先日、前の前の家から使っていた冷蔵庫がぶっ壊れました。
箱潰れのアウトレットでなんと5万円で買ったヤツだったんですが、
スッキリしたデザインで、わりあい気に入ってたのに。。

なので家族でヤマダ電機に繰り出し、新しい冷蔵庫を物色して
配送を頼んできました。
日立のこんなヤツ でございます。

おしゃれでしょ。
マグネットがつかないのはイヤだったのですが、省エネ率と
チューブ立てがあることに惹かれて決めました。

そして、新しい冷蔵庫がくるというその日。

ダンナが娘に、何気なく
「この冷蔵庫ともバイバイだね。今までありがとうって言わんと」
と言った所、みるみる娘の顔色が曇り
「いや〜〜〜!!!!
 バイバイせん! この人がいい! 新しいのいらん!
 この人が好きやけん〜〜〜!!」と
号泣したのです。

ちょっとビックリ!
何かとの永遠の別れが悲しい、なんて
これまでそんな感情,見せたことなかったのに。
なんて心が豊かな子…

と親バカなことを思うと同時に、
泣いている我が子の顔を見ていると
この冷蔵庫との思い出が、走馬灯のように脳裏に浮かび
私まで泣いてしまいました。
(最近やけに涙もろくて、アンパンマンのオープニング見ても感動して泣いてしまいます)

ダンナは笑ってましたが、二人をなだめるのが大変。
「おつかれさまの気持ちを込めて、写真を撮っとけばいい!」と、
私たちと冷蔵庫を記念の写真に収めてくれました。




そして「この冷蔵庫の体は、ちゃんと新しい冷蔵庫に生まれ変わって
 どこかのおうちでまた、がんばるよ!」と言ったら
娘は「本当?? 本当にまた来る??ならいい。バイバイ!」と
冷蔵庫にお辞儀をしてくれました。

ああ、よかった…

そしていざ新しい冷蔵庫がきて、搬入の瞬間。
係のお兄さんが
「あれ?コレ、入りませんね。キャンセルということで! 持って帰ります!」
だってさ…

搬入経路に一か所だけ、ギリギリのところがあって、
でも入るかなと思ってたら、ギリギリすぎて止めた方がいいとのことだったのです…

そして、古い冷蔵庫は、その日はバイバイせず
まだしばらく、娘といることになりました。
ぶっ壊れたと言っても、冷蔵・冷凍機能がいかれていた訳ではなかったので
むなしく、外に出していた冷蔵品や冷凍品を入れ直していると
娘はなりゆきが全く理解できず、
「え〜? バイバイだったんじゃなかったと? なんでまだおると?
 どっか行くと? 新しい人は〜?? なんでまた入れると?」と
両親を質問攻めにしていました。。

そして後日、三菱のこんなヤツ を購入し直しました。

そして苦い思い出とともに、エレクトロラックスは、
お兄さんたちに運ばれてゆきました…
今までありがとう、エレクトロラックス。

ちなみに新しい冷蔵庫は、ちゃんとマグネットが付くので私はご満悦です。
ダンナは、その変なマグネットを外せ外せ、
もっとおしゃれな家にしたいんだ!と言いますが
子どものプリント類を貼るのに重宝するからですねぇ…


戻る 進む