『実践! おウチでプチ稼ぎ』発行間近 
Saturday, April 6, 2013, 09:59 PM - お仕事
久〜々の更新ですが、今回は自著の宣伝をさせてもらいます!

ダダーン!『 実践! おウチでプチ稼ぎ

4月中旬に、書肆侃侃房 さんから出版されます!

下の子出産前から、粛々と進めていた仕事の集大成。感無量です。

内容は、パソコンを使っておウチでできる
プチ稼ぎのサイトを紹介している実用書なのですが
私が実際にプチ稼ぎに挑戦してみたレポートも掲載しています。
(次女出産前後の半年間で、すき間時間を使い約10万円、稼ぎ取りました!)

オークション、モニター、アンケートといった
誰にでもできるプチ稼ぎがいっぱい♡
懸賞に当たるちょっとしたコツなども紹介しています。

育児の合間に、休日のすき間時間に、サクッとトライできちゃいますよ♪

さらに、ストックフォトサイトや
SOHOへの仕事紹介サイトなども掲載しているので
カメラマンさん、イラストレーターさん、ライターさんなど
プロの方にとって有益な情報も満載です。


ウェブサイトはこちら です!

Amazonでの予約受付も始まりました♪
こちら からお願いします。



皆様、まわりにこうした情報を求めている方がいらしたら、ぜひ、ご紹介くださいませ!
1 コメント ( 24 views )   |  0 トラックバック   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 2641 )

平穏な日々 
Wednesday, June 13, 2012, 11:06 PM - 一般
長女が幼稚園に入園してはや2ヶ月。
幼稚園が異様に気に入ってしまい、
土日でも、朝はやくから登園すると騒いでいます。

彼女の幼稚園好きは、入園式の日から始まっていました。

式が終わり、新入園児と保護者が教室に入って
先生の話を聞いていた時のことです。

わがこはすぐに自分の席に座り
私の方を振り返るそぶりすら見せず。
早くも教室になじんだ様子でした。
でも、まわりはお母さんから離れて席に座るのを嫌がる子も多く
ちらほらと泣き声もあがっていました。

そんな中、先生は大音量に負けじと
「このプリントには◯◯が書いてありますからご確認下さい。
 こちらの紙袋の中身は父母の会からの紅白饅頭です。
 あ、泣いてるお友達は、席から離れて
 お父さんお母さんのところに行ってもいいからね〜」
と、声を張り上げていました。

先生も大変だな〜、と思っていると
突然、娘がスッと席を立ち、一直線に私の方に駆け寄ってきたのです。

「あれ? やっぱりウチの子も大丈夫そうに見えて
 急にお母さんが恋しくなったかな?」とかわいく思っていると、
娘はひと言



お母さんと一緒にいたくて駆けて来た訳ではなく、
母が手にしている紅白饅頭を奪い取りにきたのでした。

食い意地のかたまりっ!
私そっくり…

後日、バス通園の初日にも
送り出す私の方を振り向きもせず
誰よりも早くバスに乗り込んで
さっさと去ってしまいました。

まだ、クラスには新しい環境になじめず
幼稚園にいる間ずっと辛い時間をすごしている子もいるみたいです。
(私自身、人見知りが激しくて、そっちのタイプでした)
なのに、娘のこの適応力は何なんでしょう??

さみしいけど、
たのもしいです。

ダンナのつくった曲 
Thursday, February 2, 2012, 11:26 PM - 告知
ちょっと、iTunes storeで、「Hrky」と検索してみて下さい!
Hrkyなるアーティストが出しているアルバムが、ふたつ、ヒットすると思います。
Hrky…そう、うちのダンナ。
じゃ〜ん! なんと、
昨日2月1日、ウチのダンナが曲をリリースしたのでございます。

私は音楽に関してはド素人で、何も分かりません。
「iTunesで曲を売る」と言われて、
「えっ? メジャーデビュー?」なんてアホなことを思ってしまったのですが
もちろん違います。
好きで作っていた曲を、せっかくなので配信してみたというノリみたいです。

しかも、一般的に「曲をリリースする」というと、
ふつうに、イントロがあってボーカルが入っててサビがあって…みたいな
スタジオでレコーディングした楽曲を連想すると思いますが、
ダンナの場合、違います。
1人でPCでちまちま作っています。

基本的に、クラブなんかでDJがプレイするための曲なので
曲の内容は延々、くりかえしっちゃあ、くりかえし。
クラブ…リズム感がなく、オクラホマミキサもちゃんと踊れない私とは何か、対極にある場所だわ…

ここ半年ほど、夜、仕事から帰ってきては
PCの前で何かやっとるな…と思ってはいたのですが。
まさか、こんなにちゃんとした形で、自作の曲を発表する日がこようとは
なんだか私まで、達成感。。





ダンナの曲は、全くのど素人の、
いい音楽を聴きわける耳ももたない私からしたら「本当にあんたが作った?」と驚いているくらい、出来がいいと思うのですが
一般的にはどうなんでしょうね〜?

ちなみに、私はShallow Sleepという曲が一番好きです。
みなさま、ぜひ試聴してみて下さい。
そして気に入られたら、ぜひご購入を♪
一曲150円ですので〜。


本年も宜しくお願いします! 
Sunday, January 15, 2012, 10:34 PM - 一般
ブログ、長々とお休みしていましたが、
別にやめた訳ではありません〜

昨年の12月から、嘔吐下痢、RSと家族が次々に病に倒れ
なかなかパソコンに向かう時間が持てずで…
年末年始はとうとう帰省もできませんでした。

というか、次女は今もRS(?)が治り切っておらず、
なかなか咳が治りません。
あんなにまるっと太っていたのに、見るからにやせまして
ちょっとかわいそうです。。
マイコも流行ってるみたいですし、咳は何か他の病気かもしれないですね。
ひきつづき様子を見ます。

ダンナも例の風が吹いても何とやらでですね。

私と長女は元気なのですが、けっこう家にこもりっぱなで
気分はちょっぴりダークです。


長女はあいかわらずプリキュア漬けの生活ですね。
2月からプリキュアも新シリーズが始まるようですが、
何たる偶然か、主人公の1人の名前が、
娘の名前(下の名前ですが、名字として使ってもおかしくない)+私の名前、
モロそのまんまのネーミングなんですよね〜!!
娘、大興奮です。
口を開けばプリキュアの話しかしません。

先日も、ダンナと
「次の新しいの(大河)って、何?」
「清盛よ」
という会話をしていたら、
「次の新しいの、キュアもりって出るの??」
ですって。

「?」と思いましたが、一瞬後、腑に落ちました。
プリキュア(少女戦士??)には、それぞれ「キュアメロディ」「キュアリズム」といった
「キュア◯◯」という名前がついているのですが、
どうやら、プリキュア新シリーズに、
「キュアモリ」というプリキュアが出てくると思ったらしく。



なるほどね〜。
キュアもり、出てくるといいね〜。

2 コメント ( 86 views )   |  0 トラックバック   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 995 )

3年ぶりの映画 
Thursday, November 17, 2011, 11:15 PM - 一般
今日は、映画鑑賞としゃれこんできました!
はじめてTジョイ博多に行ってきましたよ〜 できたてだし、とってもキレイですね。
映画館なんて長女妊娠時以来、ほぼ3年ぶりです。

観たのは…
「映画スイートプリキュア♪」

3年ぶりに観た映画がプリキュアな私って…

プリキュア好きの娘が喜ぶ顔を、どうしても見たくて。
親バカですね〜
しかし、娘がよろこぶからって、
プリキュアのアパレルにまでは決して手を出さないようにしなければ…

くうてんの「うまや」でランチしたあと
(小あがりが空いてるかと思って入ったけど、甘かった。
 テーブルで次女抱っこで食べました)
つきあってくれた妹に次女を任せて、いざ映画館へ♪

娘はまだギリギリ二歳なので、ヒザ上鑑賞が可能。タダで入りました。
ポップコーンとカフェラテを買い込んで、席に向かいました。

平日の昼間ですから、児童・園児のお友達も、大きいお友達もいません。
ほかに二組だけ親子連れがいましたが、あとはガラガラ。
その親子はどちらも、何やらグッズを手にしています。
どうやら、チケットを買った3歳以上の子は、入口でグッズをもらえた様子なのです!
そして、本編の前に、
「映画の途中でプリキュアがピンチになったら、
 グッズを光らせて応援してね! 
 持ってないお友達は、心の中で応援してね!」と説明のアニメがありました。。

それを観て娘は「わたし、持ってないね。」と寂しそう…
スマン、娘!!
二歳だけど、チケット買えばよかったね。。

でも、本編が始まると、
ちゃんと楽しんで観ることができていたのでホッとしました。
プリキュアに変身しないと言って退屈したり、
敵が攻撃したりプリキュアが倒れると「こわいよう」と母にしがみつくなど
「まだ早かったかな…」とヒヤヒヤする局面もありましたが…

そして、肝心の、「グッズを光らせて応援するシーン」では
グッズはなかったものの、
「プリキュアがんばれ、プリキュアがんばれ!」と
声を出して応援していました!

よかった〜。

しかし、客が少ないとはいえ、音が止んだ瞬間は娘の声が場内に響いていたので
親として一応、周りの迷惑にならないように、マナーとして
「心の中で、がんばれ、がんばれって言おうね」
と声をかけました。

すると、


「心の中で、がんばれ、がんばれ」と、まんま絶叫していたのが
ちょっとツボったなぁ。
「心の中で言え」という命令は二歳児には分からないか。
ま、他の子も叫んでたので別に良かったんですが。

最後に、来年3月にまた歴代のプリキュアが出る映画があるという
予告があっていたので
おそらくまた、観にいくことと思います!
(娘、初代から全員完璧に知っているので、こっちの方が喜びそう…)

今度は、小人チケットをにぎりしめて。。


進む